お電話でのお問い合わせ

0120-50-9552

お問い合わせはこちら

介護事業所の
国際貢献

介護職外国人技能実習制度、
はじまります。

外国人技能実習制度に、2017年11月から「介護職」が加わりました。技能実習制度は発展途上国から来日して日本の技術を学び修得することにより母国の発展に寄与することを目指したものです。技能実習生を受け入れることにより、職場の活性化につながり、日本の介護事業の国際貢献を図ることになります。
私たち企業ネットワーク協同組合では、介護サービスの事業所に向けて外国人技能実習生をご紹介することで、現場の活性化をお手伝いし、技術の移転につなげます。

介護人材について国からの提案。
介護職外国人技能実習制度とは

実習生について知る

技能実習生は本当に
介護の仕事ができるのか

受入のメリットは?

技能実習生を受け入れたら
現場は変わるのか

受け入れる側も、働く人も
いつも安心できるように。

デリケートで専門的な知識を要求される介護の現場に、安心して外国人技能実習生を迎えることができるように、私たち監理団体は様々な取り組みを行っています。実習の実施状況を監理するための事業者様への定期訪問、実習生へのメンタルケアを行う仕組みはもとより、事業者様に向けたセミナーを定期的に開催しております。

企業ネットワーク協同組合について

企業ネットワーク協同組合は、「中小企業等協同組合法」による小規模事業者のための協同組合に当たり、平成9年(1997年)に設立されました。外国人技能実習生の監理団体として、介護事業者様に向けたセミナーの開催や、様々な取り組みを行っております。

資料請求・お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    077-567-3454